• ホーム
  • 勃起不全にならないためにも日頃から体を鍛える

勃起不全にならないためにも日頃から体を鍛える

考える男性

筋力が低下してくると勃起不全になりやすいので、普段から体を鍛えておきましょう。
運動不足は肥満を招きますし、血液もドロドロにしやすいのです。
1日の運動量は20分が好ましいとされており、最も手軽に行えるのはウォーキングです。
キビキビと歩くことで全身の筋肉を使い、筋力を強化することができます。
筋肉が減少するとぜい肉が増えるため、体はブヨブヨになってしまいます。
そのまま放置しておくと、肥満・脂質異常症などを招いて勃起不全になりかねません。
勃起不全は成人病の一つであり、若いころからの生活習慣が原因で起こるのです。
普段から体を鍛えている方は、何歳になっても高い精力を維持することができます。
精力減退を防ぐためには、筋肉の原料となるタンパク質もしっかりと摂っておきましょう。
野菜は血液をキレイにしてくれる素材ですが、タンパク質はほとんど含まれていません。
肉や魚、豆類などもバランスよく食べなくてはいけません。
ただ、肉類には脂肪が多く含まれているので、魚や豆類を中心としてタンパク質を摂るようにしたいものです。
勃起不全を防ぐためには、下半身を強化しておくことも大切です。
下半身は血行が悪くなりやすいので、上半身よりも徹底したケアが必要なのです。
運動にあわせて半身浴を行うと、運動効果を高めることができます。
半身浴の温浴効果は全身に及ぶため、全身浴に匹敵するくらいの効果があります。
体が温まって血行がよくなれば、性的興奮に対してペニスがダイレクトに反応するようになります。
陰茎海綿体に大量の血液が送り込まれることで、本来の勃起力を発揮できるようになるのです。
ウォーキングと半身浴は、それぞれ1日20分行うようにすると効果的です。